2013 年 3 月 のアーカイブ

さくらコンサート2013

2013 年 3 月 14 日 木曜日

あ~どうもどうも、めだかです。3月に入り修理品も増え、おかげさまで非常に忙しくなってきました!

そんな中、先日演奏会に行って参りましたのでご報告。さくらコンサート2013です。

さいたま市桜区のさくらホールで定期的に行われているのですね~。

実は、フルートの小川真由子さんのヘインズを先日調整させて頂きまして、その後の調子も確認しようと思い行ってきました。

今回は、過去の出演者の中から特に反響の大きかった出演者3組の登場と言うことでした。

なんとなんと、世界のナベカツさんも出演されているのです。すごーい、この組合せ、このボリュームをダータで見れちゃうなんて、やるじゃん彩の国 埼玉!

小川真由子さんは、武蔵野音大からスイスの大学をへて、ドイツのロベルト・シューマン大学デュッセルドルフをご卒業され、現在は日本でご活躍中です。

今回、小川さんの伴奏は学生時代のピアノの先生だった小木曽 美津子先生が弾いてらっしゃいました。師弟初競演との事で、熱い伴奏でしたね(笑)

フルートも美しい音色で、ベートーベンの「春」第1楽章なんかは、熱く美しく聴き応え十分でした。

渡辺克也さんは生で聴くのは初めてでしたが、いやはや超絶ですね、演奏もトークも(笑)

そしてどちらも本当に素晴らしい!3曲の演奏でしたが、2曲目の 「2つの小作 作品102」 (シャルル・ルフェーブル)は、

おそらく本邦初演ではないかとの事でした。隠れた名曲ですね。

司会のクワチュール ベー の國末さんと、なぜかうどんの話で盛り上がり、結局時間が押しに押していたのもナベカツさんらしい。

何でも、前回のご出演時もトークが盛り上がり、かなり押したとの事…。

クワチュール ベーの演奏も楽しかったですね~。聴かせるし、魅せますね!素晴らしい!!

終演後、渡辺さんにCDにサインを頂きました。いや~ナベカツさん南浦和のご出身なんですね~。めっちゃミルズの近所じゃん!

最寄にお越しの際はトイレだけでもいいので遊びに来てくださいね~(笑)

ジャケットと楽器が違う気がしたので、お尋ねしたら20年来の愛器がさすがにキーが磨耗などで傷んでしまったので、キーを載せ替えて金メッキにしたとのことでした。

マリゴのフルオートでした。

という訳で、ホントおなか一杯の2時間半でした!

小川さんも、渡辺さんもさいたま市出身で、クワチュール ベーの國末さんもさいたま市在住との事で人材の宝庫じゃんさいたま市!

ミルズはお隣の戸田市にあります。あんまし関係ないですね。では、またいつの日か。めだかでした~!

びっくり!!

2013 年 3 月 6 日 水曜日

朝晩の冷え込みも緩む時期となり

もう年が明けてから2ヶ月も経ちましたね。

びっくりです。

 

私事ながら先月初め頃にインフルエンザにかかり

1週間ほどお休みをいただきました。

インフルエンザにかかったのは

小学校1年生の時以来、20年ぶりでした。

 

毎年、流行っているという話はききますが

ここ19年ほど特に予防接種も受けてないのにかかったことはなかったので

毎年、ホントに流行ってるのか?なんて思ったりしていましたが

いやぁ、かかる時はかかるもんなんですね。

びっくりです。

 

しかし、もっとびっくりしたことは

自分がいつのまにか「20年ぶり」という言葉を使える歳になっていたことでした。

 

以上、もうすぐ27歳の

金管担当中嶋でした☆