2014 年 1 月 のアーカイブ

〇〇タイプ

2014 年 1 月 25 日 土曜日

こんにちは。
今日は久しぶりのマニアックなお話です。

もう去年のことですが改造してほしいというご依頼で
珍しいホルンをお預かりしました。
その楽器がこちら。

アトリエハーロウ製の
シュミットタイプのフルダブルホルンです!
F/B♭の切り替えがピストン式の
珍しいタイプのフルダブルホルンです。

フルダブルホルンと言えば
ホルトンやコーンなどで知られるクルスペタイプと
E.シュミットやハンスホイヤー801
アレキサンダー503などで知られる
クノップタイプ(ガイヤータイプ・K巻きとも言う)の
大きく分けて二つのタイプが有名ですね。

クルスペタイプ(写真はYAMAHAのYHR-668D)

ガイヤータイプ(写真はYAMAHAのYHR-567D)

その他、学生時代にお世話になった人も多いであろう
学校備品の帝王ヤマハYHR-664や
アレキサンダー103やパックスマンなど
独特の巻き方をしているものもありますが
そのほとんどのフルダブルホルンは
F/B♭の切り替えがロータリーなのです。

F/B♭の切り替えがピストンのフルダブルホルンを
見たことがない方も多いのではないでしょうか?

なぜ「シュミットタイプ」と呼ばれるのかというと
クルスペタイプやクノップタイプと同様に
最初に考案したのがシュミットさんだったからなのです。

・・・えっと先に言っておきますが
この記事、長くなりそうです。

「シュミット」「ホルン」と言うと
現存するホルン工房のエンゲルベルト・シュミットを
思い出す方も多いかと思いますが
偶然同じ名前なだけで別物の工房なのです。

シュミットタイプを考案した工房のシュミットは
1880年創業、1930年頃に工房を閉鎖したそうです。
一方、エンゲルベルト・シュミットは
それから約50年後の1980年に創業し今に至ります。

ドイツでは「シュミットさん」という名前の人が多いんですね。

余談ですが、じゃあ多いってどれくらい?と思って調べてみました。
なんと、「ミュラーさん」についで2番目に多いそうです!!
日本で言うところの「鈴木さん」です。
たぶんドイツの人も
「そうそう、クラスに一人はシュミットっていたよなー」
なんて会話をしているのでしょうか。

話がそれましたが・・・

一般的にはフルダブルホルンが世に出たのは
1897年にクルスペが開発したのが
世界で初めてと言われていますが
一説によるとそれよりもやや早い1890年代半ばに
シュミットタイプは開発されていたらしいです。

そして、これもさだかではありませんが
シュミット工房が閉鎖した後も
数々のメーカーがコピーモデルを製作していて
1970年頃まではわりとよく見かけられていたそうです。

実はYAMAHAも生産台数は少ないようですが
1980年代にコピーモデルを作っていました。
YHR-863というモデルです。

しかし、近年ではF/B♭の切り替えがピストンだと
ストロークが大きいので操作性が悪いなどの理由で
好んで使う人は少なくなり
廃れていってしまったようです。

えー、だいぶ長くなりましたが
もう少しお付き合い下さい。

そして、このシュミットタイプを製作したアトリエハーロウは
1990年代に都内にあった
ハンドメイドホルン工房として有名で
このシュミットタイプの他にも
ナチュラルホルン、ウインナホルンなどの珍しい楽器も
ハンドメイドで作っていたそうです。

時々このアトリエハーロウ製の楽器を見かけることもありますが
個人的な感想ですがヤマハや海外メーカーにも全く劣らない品質で
国内でハンドメイドで作っていたとは思えないものばかりです。

そんな素晴らしい技術を持っていた工房なのですが
数年前に諸事情により工房を閉鎖されたそうです。
色んな意味で残念です。。。

えっと、だいぶ長くなってしまったので
この辺で一旦区切りたいと思います。
なんだか「一説によると・・・」とか「~らしい」とか
そんな言葉ばっかりの記事になってしまいましたが
なにせ、リアルタイムで見たり聞いたりしたわけではないので
どうかお許しを。。。

今回、この記事を書くにあたり
参考にさせていただいたサイトを以下にご紹介します。

www31.ocn.ne.jp/~frenchhornsquare/schmidtgallery1.html

http://www14.plala.or.jp/simistu99/web-content/Studys/Sutdy%20on%20Horn.html

どんな改造をしたかは次回のブログで!

以上、一説によると今日はブログ書いてばかりであまり仕事をしていない
金管担当中嶋でした☆

イオン北戸田で・・・

2014 年 1 月 17 日 金曜日

あけましておめでとうございます。
今年もミルズをよろしくお願いします。

新年最初の記事は華やかな女性4人組の登場です。

ある日、会社近くのイオンに昼飯を食べに行ったら
なんとクラリネット4重奏の生演奏をしているではないですか!
ですが就業時間中だった為、そそくさと帰社しました。

すると電話が・・・

なんと、その生演奏をしていた「Mpingo」(ムピンゴ)の方からでした!
どうやら楽器を落としてしまったらしく、キイが動かなくなったとのこと!!

弊社からイオンまで徒歩3分位ですが本番前にバタバタするのはさけたいと・・・

とりあえず最小限の工具だけ持って様子を身に行ってみると
これが結構激しいキイの曲がり方を・・・

次のステージまで1時間ということなので
一度会社に持ち帰り、応急処置をしてお届けしました。

自分が直した直後の楽器での演奏を聴く機会もなかなかないので
会場の後ろの方で見守らせていただきました。
無事に演奏できていたようなので安心しました。

こんな突発的な出来事から
色々な人たちとのつながりが出来ていくのって
ステキですね。

Mpingoの方々には本番後のお疲れの中
弊社まで見学にきていただきました。

ありがとうございました。

Mpingoさんのブログとメンバーの松浦千恵さんのブログでも

今回のことが書かれているので、そちらもぜひ!!

Mpingoブログ

http://mpingo.jugem.jp/?eid=35

Mpingoメンバー 松浦千恵さんのブログ

http://ameblo.jp/duke714/entry-11748545619.html